ヒアルロン酸って一体何なの?

ヒアルロン酸「ヒアルロン酸」は私たちが毎日の生活の中で最も頻繁に耳にする物質のひとつかもしれません。ドラッグストアなどでもこの言葉を良く見かけますし、美容においても良くこの言葉が使われていますよね。化粧品に多く使用されているほか、サプリメントでも人気を集めています。聞き慣れたこのヒアルロン酸、一体どのようにして私たちの生活の中で脚光を浴びるようになったのでしょうか?

'); define("P_END", '

'); ?>

このヒアルロン酸というのは1934年、米国にあるコロンビア大学の教授とその助手であるによって発見されたものです。彼らは牛の眼球(硝子体)の中からこの物質を取り出し、ウロン酸とアミノ酸が含まれていることを発見しました。硝子体を意味するギリシャ語の「ヒアロイド」と、この物質に含まれる「ウロン酸」からヒアルロン酸と名付けられたというわけです。学術的には「ヒアルロナン」と呼ぶのが正しいのですが、私たちの生活の中ではヒアルロン酸という呼び名の方が一般的ですね。

'); define("P_END", '

'); ?>

ヒアルロン酸このヒアルロン酸は実は私たちの体の中にも多く含まれています。皮膚や関節、眼球や脳といった様々な部位に見られます。現在では鶏のとさかの部分から特殊な製法で抽出されたものが天然のヒアルロン酸であり、他にも乳酸菌などからバイオ製法によって作られた人口のヒアルロン酸もあります。しかし私たち体内のヒアルロン酸は年を重ねていくごとに減少してしまうといわれています。20歳と比べると40歳では約半分に、さらに加齢で減少するようです。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>

ページの先頭へ